【白髪染めを安全性で比較】頭皮にやさしい、髪を傷めないものはどれ?

【白髪染めを安全性で比較】頭皮にやさしい、髪を傷めないものはどれ?

過去に自分で染めて肌に合わなかった人へ

安全で髪を傷めない白髪染めはどれか?という問について、一覧表でまとめました

 


シーエッセンスカラーフォーム
レフィーネヘッドスパトリートメント
ルプルプ
利尻ヘアカラートリートメント
くろめヘアカラートリートメント

 

 今まで自宅での白髪染めをやってみたけど、肌が赤くなってヒリヒリした。
 敏感肌を自覚しているので、市販の白髪染めを使ってみるのが怖い。
 30代以上の女性の約70%が白髪を気にしているにもかかわらず、地肌への優しさや頭皮や髪への影響を再優先に考えた、市販の白髪染めはほとんどありません。

 

 白髪は様々な薬品の化学反応で、黒く時には赤や紫などに染まります。
 髪だけを染めたつもりでも、毛先から根っこへと伝わり、地肌を傷めます。
 そのため、白髪染めを使った人の肌内部は黒く染まっていると言われます。

 

 安全な白髪染めとは、肌への影響を配慮していることは当たり前です。
 そのうえで、なるべく効果を長くして、使う回数と使用量を少なく抑えてくれるものが、肌にやさしいといえます。

 

 市販の白髪染めを使って染めている人の多くは、一旦染まっても効果が長持ちしないこと、染めると髪がぱさついたり潤いがなくなるという、髪のダメージに不満を持っています。
 美容室で染めればキレイで簡単ですが、やはり値段がけっこうかかります。
 でも、やはりキレイに染まって、髪も地肌もキレイに、そして色持ちが長くあってほしいですよね。
 この2つの大きな疑問に答えるべく、当サイトでは、肌への優しさ、色持ち、コストパフォマンス、香り、使用の簡単さの5項目に分けて、人気の市販白髪染めを比較してみました。

 

 

 女性のシンボルともいえる豊かでツヤのある髪。でも、 どんなにツヤツヤの髪でヘアスタイルが決まっていても、白髪があるとイメージが台無しになってしまいますよね。
 男性からも「白髪があるのを見ると見てはいけないものを見てしまったような気がする」「キレイな人でも年齢には勝てないのか…と思う」など、なかなか厳しい意見があがっているようです。

 

 女性のみなさんの中には鏡を見て白髪があるのを見つけると気分ががっくり落ち込んでしまうという方もいるのではないでしょうか。
 そんなとき、強い味方になってくれるのが白髪染めです。白髪染めを使えば、鏡を見たときも「まだまだイケる!」と自信を持てるもの。
 当サイトでは、なかなか染まりにくいこめかみ、髪の根元の上手な染め方や白髪染めの効果を最大限に引き出す日々のヘアケア方法などについても解説しています。
 髪が薄くなってきて育毛剤を使いながら白髪染めも使用しているという女性も、ぜひ綺麗な黒髪を取り戻して、マイナス5歳の地肌と髪を実現してください。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ