ドラッグストア 白髪染め

ドラッグストアの安い白髪染めと、通販の白髪染めの違い

安い白髪染めには訳がある?

 自宅で白髪染めをしようと思ってドラッグストアに出かけたら、あまりにたくさんの白髪染めがあって何を選んだらいいのか分からなくなってしまったという方はいませんか?
 白髪染めはメーカーやカラー、液状かムースタイプか、またヘアマニキュアタイプか永久染毛剤かなどで、種類が分かれています。
 価格をチェックすると大半が1000円前後であることが多いようですが、なかには500円程度のものも。

 

 これに対して、ネットや口コミサイトなどで人気の白髪染めはほとんどがカラートリートメントタイプで価格は2000円から3000円くらいが相場になっています。
 ドラッグストアのものに比べるとかなり高めと言えますが、なぜこんなに価格が違うのでしょうか。

 

 ドラッグストアの白髪染めは大半がアルカリ剤と過酸化水素水を混ぜ、染料を定着させるタイプのものになっています。
 これらの化学合成成分は大量生産ができるため、価格が抑えられているのです。
 500円から1000円の価格差は配合されているトリートメント成分の違いやカラーの洗練度、ブランドイメージなどによるものでしょう。
 あまり安い白髪染めを使用し続けていると、髪が傷んだり、細く痩せてしまうことがあり、結果的に薄毛になったのでは?と思ってしまうことさえあります。
 →白髪染めを使っていると、抜け毛は増えるページ参照

 

結果的にコスパが高くてお得なヘアカラートリートメント

 最近人気を集めているカラートリートメントタイプの白髪染めは髪や頭皮をいたわった成分にこだわっています。保湿成分として配合されているカゴメ昆布、くろめ昆布、利尻昆布といった国産の昆布は比較的高価なものですし、海外産のものよりも栄養素が豊富で髪をキレイにしてくれる効果も高いはずです。

 

 染料として使用される成分も天然成分の場合、さらに価格に上乗せされることになります。
 ベニバナやクチナシ、藍の葉といった成分は栽培されているものを原料として使用するため、合成成分だけでできる市販の永久染毛剤に比べてコストがかかるのです。

 

 食べ物と同じように、体にいいもの、害を与えない商品はその分、原料にこだわっていたり、人の手がかかっているということなのです。
 ツヤをなくさずに白髪をカバーすることができれば、気分も楽しく、若々しい見た目をキープすることができます。このように考えるとカラートリートメントタイプのほうが結果的にお得と言えるのではないでしょうか。?

関連ページ

育毛剤と白髪
髪も増えておまけに白髪も減らせる。天然成分入りならそんなことも可能?なんて期待してしまいますが、実際のところはどうなのでしょうか?
白髪染めと抜け毛の関係
白髪染めが原因で抜け毛が増える直接の原因になることは少ないですが、髪を痩せさせるものもあるので、細くなって薄く見えることはあります。キレイに見えるからといって、髪を痩せさせる成分の入ったものは選びたくないところです。
妊婦の白髪染めの使用はOK
妊娠期間中も白髪の多い人であれば、なんとかして染めたい!という方もいるでしょう。でも、安全性の問題に加えて臭いのキツイものはそれだけで気分が悪くなる方もいるようです。
利尻ヘアカラートリートメント染まらないと評判の理由
今や人気・知名度No.1といってもいい、利尻ヘアカラートリートメントですが、実は染まらない、色落ちが早いという口コミが多いです。あれだけ人気なのにネガティブな評価が多いのはなぜでしょうか?

ホーム RSS購読 サイトマップ